VIOが濃くて悩んでしましたが…

私の体毛は全体的に濃いです。脇も腕も、そしてVIOもモジャモジャです。

脇や腕は剃ればいいのですが、VIOは剃ってしまうと生えてくるときがパンツと擦れてチクチクしてしまうし、デリケートな部分なので諦めていました。

Frau schaut mit Lupe im Intimbereich nach私の妹は元々私よりももっとVIOが濃かったのですが、仕事を始めてお金が入るようになって、サロンに通い永久脱毛をし、今ではパンツからはみ出す事もなく快適に毎日を過ごしているようです。

私は勿論パンツからはみ出てしまいます…。温泉などで服を脱ぐ時、着る時、人の目が気になります。 しかし、子育て中の専業主婦の今、永久脱毛に通う自由なお金もなければ自由な時間もありません(泣)

そんな時!ワックス脱毛というものがあることを知りました。
勇気を出してVIO全て脱毛して貰いました。

初めてのツルツルに感動しましたが、2週間もすればまた生えてきてしまいました…。永久脱毛じゃないから当たり前なのですが、またパンツからはみ出る生活になると思うと悲しいのでお金はかかるけど、ワックス脱毛定期的に通おうかと思ってます。

背中脱毛で綺麗になりました

先生のひげ、いちごみたい!

「先生のひげ、いちごみたい!」可愛い笑顔から発せられるその言葉に、顔には出さないものの、私は傷ついた。

shave woman epilation私は塾講師のアルバイトをしている某有名国立大学の大学生だ。高校の頃から毎日ひげを剃る習慣があったため、自分でも少し濃いような気はしているが、まさかバイト中に指摘されるとは思ってもいなかった。

他の先生方が周りにいる状況でもあったため、やはり恥ずかしかった。だが、指摘してきたのは小学三年生の可愛い女の子である。悪気があるわけではないのが分かるため、怒り文句を言うことなどできるわけがない。

その場は笑って流したが、やはり心底思う。ひげが濃いのはつらい、と。ワイルドさが溢れるようなルックスならひげはプラスに働くかもしれないが、そんな男はそうはいない。まして自分は、ひげが似合うような男ではなく、ほぼ毎日ひげの手入れに追われているような男なのだ。

できることなら脱毛したい。どうか神様、これ以上ひげをはやさないでください。

意外なところに・・・

3年前に結婚し、式を挙げたのですが、その時に意外なところに脱毛の必要があることに気づきました。

stockfoto_53559969_XSドレスはウェディングドレスもお色なおしのカラードレスも洋装にし、いろいろと試着していたのですが、後ろ姿を見ようと合わせ鏡で見てみると、うなじから背中にかけて毛が生えているのに気づきました。

そこまで毛深い方ではなく、普段背中のあいた服は全然着ないし、背中の毛を処理したことなどなく、そもそも自分で自分の背中を見たことがなかったので28年間全く意識していませんでした。

思わず旦那さんに私背中の毛やばくない???と聞いてしまいましたが、そういえば、、、と言ったあと、でも人間なんだから誰でも生えてるし、そんな気にならないよと言ってくれましたが、やっぱり目立つかなと心配になり、脱毛しようと決意しました。

しかし、自分で背中の毛を剃ることができなかったので、式場で事前に受けられるウェディングエステで事情を話し、式の前に処理してもらいました。施術中ジョリジョリ剃られている感覚があり、やってよかったと思いました。おかげで無事綺麗な背中で晴れの日を迎えることができました。

しかしあれからまた処理していないのでまた元に戻っているかもしれません。。

便秘で1週間苦しんだ時

忘年会や送別会などが続いてしまって暴飲暴食が連日続き、お肉ばかりやお酒ばかりを摂取しました。

バランス良い食事もしないで、不規則な生活を続けてました。
その結果、どんなにトイレに籠っても便が出なくなってしまいました。

便秘確実にお腹に便が溜まってる感覚があるのに、全く出てきません。

硬くて硬くて、全く動こうとしてくれませんでした。
お腹に溜まってしまい、苦しい状態が続きました。
飯も食べれないし、食べたく無い状態が続きました。

この状態が1週間続き、そろそろ本当に非常事態になってしまうと恐ろしくなりました。
薬に頼りたくは無いと考え、自然の食材で改善しないかと考えました。

考えた結果、便通を良くするためにブルガリアのヨーグルトを飲むようにしました。
ドリンクタイプだとお腹が苦しい状態でも何とか飲むことが出来ました。

乳酸菌の作用によって便通が緩くなるように毎晩、お風呂上りに飲むように決めました。
ルーティーン化すると便通が解消されました。

善玉菌を増やす

彼氏に言われたショックな一言

私はもともと毛深い方なのか、いつも両ワキの毛とVIOの毛に関しては自分でも敏感で気を付けてはいたのですが、彼氏ができる前にすでに両ワキの脱毛は終わらせていたものの、VIOの脱毛についてはまだ躊躇していました。

そんな時に彼氏ができ、最初の1か月くらいは健全なるお付き合いで彼氏と彼女といった形で何度もデートを重ねしていましたが、やっぱり男と女なのでいざそのような場面になった時、なかなかそういったデリケートなところは本番になれば隠すこともできないので、自分なりに剃ったりして綺麗にしていたつもりでした。

でも、いざそうなった時に言われた彼からの言葉は、「毛が多いね」の一言でした。もう、ものすごく恥ずかしいという気持ちと、直球を投げられたことによるあまりのショックに帰ってからも立ち直ることができず泣いてしまいました。

それを機に、VIO脱毛を決心し、その月から通うことに決めました。
もう、あんな恥ずかしく、そして嫌な思いをするのは2度としたくありません。

家族生活に危機感と対応策

ここ数年、家族の中のトラブルトと家族構成での大きな変化が、発生している。

日本の現社会で起きている日々のニュースが、家族内のトラブルで死亡まで起こす事件として放送しているが、何故、ここまでに社会として、家族としも問題を処理できなかつたことに疑問を感じる。

社会の経済的なことや自分の状況に悩む人もあることに、消極的な対応しておると感じ取れます。まず、行政へ要請を願う、相談、団体への対応をアプローチする。

これらが出来る人は、心配ないが、出来ない年配者、あるハンデイーを持つた人達へサポートすることが大事てある。問題は、知らない、恥ずかしいで表示しないことです。地域の情報(ネツトワーク)を現にあると考えますが、有効な使用と対策をしてない行政等が、多い。

市民もこの点を指摘しながら地域のよりよい生活を推進することの喜びをお願いいます。
問題を起こす原因は、各に色々あるが先ず感じることです。

相談や話しで分かり合うことをする。この大事なことは、人間として五感で感じることを忘れていることと考えます。不干渉いることです。